指定課題

NEXCO賞 指定課題

高速道路が、より賢く、安全にスムーズに利用して頂けるようなアイデア、アプリ、データセットの作成または検討
※本指定課題の解決に役立つ応募作品からNEXCO賞を選定します

PASCO賞 指定課題

3Dデータを活用し、安全、福祉、防災、環境に配慮した都市内道路の改良
※本指定課題の解決に役立つ応募作品からPASCO賞を選定します

鹿島賞 指定課題

提供されたデータを活用して設計・施工に役立つデータの可視化方法の提案
※本指定課題の解決に役立つ応募作品から鹿島賞を選定します

山口県 指定課題

  • コンクリート施工記録データベースを活用して、水和熱による温度ひび割れを抑制する対策(打込み時期やリフト割などの施工条件も含む)を提案するアプリが欲しい。 ただし、利用する技術者に対して、単なる省力化でなく、たとえば複数案から利用者に選択させるなど学習・技術力向上機能を有するものであること。
  • コンクリート施工記録データベースを活用して、維持管理における点検や調査の省力化および精度向上を図りたい。

地方自治体の道路管理者 指定課題

  • 橋梁等の写真や各種データを効率よく見える点検アプリなどがあるとよい。(効率化のため)
  • 点検や判断などをマニュアル化したアプリがあるとよい。例えば、現場に行って、次に何をするのか、ある症状が確認されたら、どんな対策・材料を選べばよいかなど指針として適切なフローで導いてくれるような対話型アプリ(地方自治体の人員・技術力の補填)
  • 経年変化を予測するようなアプリ。例えば、現在の写真を撮ったときに、〇年後にはどうなるかなど。(経験・知識の補填)
  • 診断補助アプリ。写真を撮ったときに無数の写真データから類似の損傷を導き出し、その時の評価をどうしているか等が分かれば診断の補助となる。(経験・知識の補填)
  • 橋守アプリ。田舎の目の行き届かない橋の日常簡易点検を地域の人が簡単に報告できる。(人員の補填・協働)
  • 通過交通を安価に計測するアプリ。例えば、通ったらリアルタイムで通行したものを交通量調査のように計測するものがあれば、山奥の橋の利用実態把握に利用できる。